ケンコーホーム~長期優良住宅×ゼロエネで快適な家づくり~

愛知県江南市の不動産~注文住宅まで住まいのトータルサポーターのケンコーホームです。新築の工事の状況や、土地や中古住宅などの新着情報を更新してまいります。

住まい給付金をわかりやすく説明します♪

こんにちは(^^)

愛知県でゼロエネルギー×長期優良住宅を建てるケンコーホームです。

 

今日は、

住まいの給付金をご紹介したいと思います。

f:id:kenkoh-home:20170630145423j:plain

 

ケンコーホームでは、

ゼロエネルギー住宅や、

ゼロエネルギーハウス、

(紛らわしいのですが、”住宅”と”ハウス”で機関が変わるんです~)

地域型住宅など、

 

なるべくいただける補助金を受けて、

できるだけお客様がお得に建てれるようにと努力しているのですが、

 

すまい給付金 はその一つであり、

尚且つ条件さえ満たしていれば受けることができる補助金となっております。

(ゼロエネは、ベルスという細かな計算や、細かな報告写真が必要なのに比べ、住まい給付金の条件は厳しいものではないんです。)

 

すまい給付金のホームページをご覧いただいてももちろんいいのですが、

隅々読むのは大変だと思いますので、

簡単にまとめました(^^)

こちらは消費税8%の時の数字です。)

 

すまいの給付金とは?

 

新築・中古住宅を取得して、自分で住む方への補助金

収入により補助金額が変わります

いい家を増やすことを目的に行われています。

 

基本事項(新築の場合)

 

  • 住宅ローン利用者でも、現金購入者(現金購入の場合、50歳以上に限る)でも、対象。
  • 510万円を超える収入のある所有者さんはもらえない。(持ち分を共有する場合、どちらも510万円を超える場合は対象外ですが、どちらかが510万円以下の場合、対象となります。)
  • 現金購入の方は、フラット35S基準を満たす家であること

 

いくらもらえるの?

 

年収が425万円以下の方      30万円

425万円を超える475万円以下の方  20万円

475万円を超える510万円以下の方 10万円

 

510万円を超える方は補助金を受給できません。

 

収入により補助金額が変わるっていうことだけど・・・

いつの収入を見るの?

7月から、いつの収入(源泉徴収票または確定申告の控え)を見るのかが変わります。

1年が7月からはじまり、6月で終わるイメージです。

ちょっとわかりにくいですね。

 

例えば、明日 平成29年7月1日にお引渡しだった場合、

7月で切り替わったばかりなので、

平成28年源泉徴収票(または確定申告)で収入金額をチェックします。

 

そして、今日 平成29年6月30日にお引渡しだった場合、

6月はギリギリ前年度で見る期間のため、

平成27年源泉徴収票(または確定申告)で収入金額をチェックすることになります。

 

平成27年源泉徴収票なんて、

どこにいったか、探すのが大変!という方は、

お金がかかっちゃうんですけど、

市役所で「課税証明書」を取得するとチェックできます。

 

ただし、注意しないといけないのが、

平成27年の収入は、平成27年度の課税証明書にのるのではなく、

平成28年度の課税証明書にのっている ということです。

 

不安な方は、

発行申請書を書く際に、市役所の窓口の方に確認してみてくださいね(^^)

 

 

 連名で持ち分をつける場合はどうなるの?

 

上記の収入に応じて +(プラス) 割合に応じて 計算します。

例えば・・・

旦那さん(年収450万円)×7割、奥さん(年収0円)×3割の場合

 

♦旦那さん (年収450万円=補助金20万円)× 7割 = 14万円

♢奥さん (年収0円=補助金30万円) × 3割 = 9万円

 

14万円 + 9万円 = 23万円 の受給

ということになります。

 

いつまでもらえるの? 

 

補助金を受けれる期日が延長になりました!

平成33年(2021年)12月までに引き渡し・ご入居いただいた方までです。

 

どうやってもらうの?

 

お引渡し後1年3ヶ月以内に申請してください。

(1年3ヶ月というのは、今のところの予定)

申請後、1ヶ月半から2ヶ月で、指定の銀行に振り込まれます。

 

ちなみに、施工会社で代理受領をおこなうことも可能です。

例)受給金額が30万の時に、

事前に新築工事代金から30万円を差し引いてもらい、施工会社にすまい給付金を振り込んでもらいます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ゼロエネの補助金に比べると、

補助金金額自体は少ないのですが、

これらを受けるのはいろんな条件が合った時のみとなりますので、

 

こちらの すまい給付金 ぜひご利用くださいね♪

 

平成33年と聞くとまだまだ先なように思われるかもしれませんが、

土地探しがまだこれからだったり、

ケンコーホームでも、着工に”待ち”がある時もございますので、

早めに動かれるのがおすすめです。

 

その他、

すまい給付金について、もっともっと詳しく知っておきたい!

そんな方は、国土交通省「すまい給付金」のページをご覧ください。

 

sumai-kyufu.jp