ケンコーホーム~長期優良住宅×ゼロエネで快適な家づくり~

愛知県江南市の不動産~注文住宅まで住まいのトータルサポーターのケンコーホームです。新築の工事の状況や、土地や中古住宅などの新着情報を更新してまいります。

一宮市の注文住宅建築中!昨日は基礎配筋検査でした

こんにちは(^^)

ゼロエネルギー×長期優良住宅を建てる

ケンコーホーム株式会社です。

 

 

先日着工スタートしました一宮市U様邸の進捗状況のご報告です。

 

昨日は<基礎配筋の検査>の日でした。

 

基礎配筋検査って、どんなものかというと・・・

 

Q.検査は誰がするの?

 

A.認定された検査員が行います。

  現場監理者、設計者とは異なる第三者の目でチェックします。

 

Q.報告書とかはあるの?

 

A.定められた「基礎配筋チェックシート」があり、

  住宅の瑕疵保険会社に書類を提出し、そこでもチェックがはいります。

 

せっかくの構造計算をした図面 と、 現場の建物 に差異があっては、

元の構造計算の意味がなくなってしまいますので、

 

図面と現場がきちんと一緒になっているか

確認するものなんですね(^^)

 

 

基礎配筋を実際に見てみよう

 

 

もうすぐ見えなくなってしまう、

基礎配筋。

 

適材適所で、

配筋の太さや幅、高さの設計されています。

 

<T字配筋>

f:id:kenkoh-home:20170418102624j:plain

 

<通り口幅確認>

f:id:kenkoh-home:20170418102217j:plain

 

<コーナー確認>

f:id:kenkoh-home:20170418102236j:plain

 

これは配筋ではないけど・・・

<配管工事>

f:id:kenkoh-home:20170418102608j:plain

 

基礎配筋検査のまとめ

 

 

全体を一望すると、こんな感じになっています。

いったい1軒の家に、何本の配筋が使われているのでしょうね?

 

とんでもない数です。

みんなで集まれば大きな力になる というように、

基礎の中にかくれてしまうけれど、

たいせつな役割を担ってくれている一員です。

 

家が建ってくると忘れがちな地味なキャラかもしれませんが、

こういう土台の部分から、しっかりつくっていきたいですね(^^)

f:id:kenkoh-home:20170418102555j:plain

 

 

 

広告を非表示にする